blog, 丁寧な暮らし, 手しごと, 手間ひまかけて, 栞の家

くるめがすりの家

先日事務所にて「栞の家」の会を開きました。
「栞の家」のご主人が設計依頼の時に「くるめがすりの家」のような家を設計してほしいと
依頼を受けたことを思い出しました。

くるめがすりとは久留米絣のことで、福島県新地町出身の建築家:遠藤新氏が
「洗えば洗うほどよくなる久留米絣のような家をつくろう」が由来しているようです。
新地町に移築された家があります。 くるめがすりの家
遠藤新氏設計の住宅が仙台市青葉区上杉にもあります)
また、別の依頼で
「10年後、20年後、歳を重ねても変わらずにずっと好きでいられる家にしたい」という想いがあり
設計をお願いしたいというメールをいただきました。
すごく嬉しいですね。

今後とも「潔い機能美」を追求したシンプルで心地よい空間
「10年後、20年後変わらずにずっと好きでいられる家」をご提案させていただこうと思います。