○○の会, 248-house, blog, 寒河江プロジェクト, 手しごと

手しごと

さくま建築設計ではアルミサッシの内部の枠、内部建具の枠などは
大工さんがその住宅ごとに造ってもらう仕様になっています。
(一枚の無垢の木の板を加工して造ります)造るのは、現場だったり、大工さんの工場(こうば)だったり。

DSC05684

早坂棟梁 松を加工ちゅうの図

その住宅ごとに丹精こめて造られます。それぞれの職人さんがかかわった物が融合し
「手造りで、主張しないけれど個性がある空間」ができるんだよなぁと。

日曜日、「寒河江project」のプレゼンのあと「248ハウス」にうかがい、
「248ハウス会」に参加させていただき食事をいただきながら楽しいひと時を過ごしました。

ありがとうございました