時間
住みたい家像を見つけ出すには、信頼関係を築き、価値観を共有することが大切です。
その為に時間をかけて納得するまで話し合います。
家づくりがスタートしてからは、図面だけではなく模型を作り、間取りや動線を確認します。
商品や素材に関しては、サンプルで実際の質感を確認したり、
ショールームや実際使用している方の生の声などを参考にしながら決めていきます。

手しごと
住宅の多くは、既製品が組み合わさってできていますが
さくま設計では、大工さんには構造体から、細かな木の細工、左官屋さんには漆喰塗や土間の塗仕上げ
室内ドアは建具屋さんに一から制作して現場で金物も取り付けてもらっています。
できるだけ多くの手しごとが組み合わさった家ができればと考えています。

顔と顔
クライアント⇔設計者⇔工務店(大工さん、基礎屋さん、左官屋さん、建具屋さん・・・・)
「この人達が棟梁さん、職人さん。この人達にに造ってもらってるんだね!」
「この人がクライアント。この人のために自分たちは造ってるんだね!」
みんなの顔がわかる事により信頼感が生まれます。

シンプル
家の形や間取りをはじめとして、ただ使い勝手いいだけではなく、ただ美しいだけではない、
「潔い機能美」を追求しています。

バランス
「素材と素材のバランス」
木と木、木と石・・・木や石などの自然素材は種類によって表情が違うので
その素材の特性を知ることが大切です。
「床、壁、天井、窓のバランス」
それぞれの位置や大きさなど、特に壁面の取り方を大切にしています。

集まる
家の中心の場に「大きな無垢の木のテーブル」を置くことをお勧めしています。
温かみのある無垢のテーブルは食事だけでなく、子供が勉強する場になったり、お母さんがアイロン掛けをする
家事の場になったりと多目的に使うことができ、自然と家族がいつも集まる場になります。

照明
全体的に温かみのある落ち着いた電球色で計画しています。
仕事から家に帰ってきて安らぎや安心感を得られます。
ビンテージのペンダントや、アクセントの壁付照明などそのクライアントにあった
照明計画を提案しております。

キッチン

奥様がこだわりたい部分No1ではないでしょうか。
ワークトップの高さや種類、引き出しの個数。
水栓の形状、コンロ、レンジフード、食洗器、壁のタイル・・・・etc。
背面収納、パントリーと動線など毎日使うのが楽しい使いやすいキッチンを
一緒に考えて提案しています。

お付き合い
住み心地はどうですか?
完成してからが永いお付き合い。
定期点検をはじめ、折に触れお伺いしております。

TOP